ブログネタ
東京都など首都圏のクリニック案内 に参加中!
ー内科・外科ー
・感染症
風邪、インフルエンザ、感染性胃腸炎などの診察
・生活習慣病
日々の生活習慣に起因することが多い高血圧症や糖尿病、高脂血症、痛風など生活習慣病の診察や相談も行なっております。
・他の慢性疾患などの診察も行なっております。

ー胃腸科ー
胃腸はストレスの影響を受けやすく、しかも人間の生の源である『食』の大きな機能を担っています。当院では消化器系疾患の疾患の早期発見のために胃のX線・経鼻内視鏡、大腸内視鏡などの検査設備も完備しております。また食道、胆のうなどの疾患の診察も行なっております。
消化器系疾患
・下痢、嘔吐などを主症状とする感染性胃腸炎の診察
・胃炎、腸炎、胃潰瘍・十二指腸潰瘍の診察
・肝臓、胆のう、膵臓、腎臓の 疾患の診察
・消化器系(胃・食道・十二指腸・大腸など)ポリープや癌などの早期発見のための診察・検査
胃痛・胸やけ・食欲不振・吐き気・血便・腹痛・下痢などの症状のある方はお気軽にご来院、ご相談ください。
検査
胃・X線・内視鏡検査、大腸の内視鏡検査
・経鼻内視鏡(胃)
胃や食道の内視鏡検査はおもに経鼻内視鏡で行なっております。従来の経口内視鏡に比べて嘔吐反射が少なく苦痛はかなり軽減されます。
※内視鏡検査は予約制になっております。お電話でも予約可能です。
腹部エコー
肝臓、胆のう、膵臓、腎臓などの検査

ー肛門科ー
疣痔(いぼじ)・切れ痔、痔瘻(じろう)、脱肛などの診療を行なっております。肛門の疾患はついつい受診が遅れて、悪化することがあるので、早めに受診をお勧めしま す。   
★痔とは?
痔は部位や症状によって大別すると下記の三種類に分けられます。
・痔核(いぼ痔)
・内痔核
肛門の内部に出来た痔核
※脱肛 ・・排便時にかかわらず、常時痔核が肛門から脱出してしまう状態。
・外痔核
肛門の外側にできた痔核で慢性のもの と急に発生して痛みを伴うものがあります。
★裂肛(切れ痔)
肛門粘膜の損傷で硬い便などした時などに発症します。 排便時の痛み、出血が主な症状です。
★痔瘻(じろう)
肛門周囲膿症(肛門周囲に膿みがたまった状態)が原因でできる瘻孔で完成すると根治手術が必要です。癌と紛らわしい場合があるので専門の医師に相談する必要があります。
※血便は癌や炎症性腸疾患などが原因となっていることもあるので、痔と決めつけるのは危ない場合もあります。また痔核嵌頓(いぼ痔が脱出して戻らなくなった状態)、肛門周囲膿瘍などは、市販の薬を塗って様子を見て悪化させてしまうことが多いので、早期の診察をおすすめします。

多摩市聖蹟桜ヶ丘やはの内科胃腸科クリニック・経鼻内視鏡多摩市聖蹟桜ヶ丘やはの内科胃腸科クリニック・内視鏡
経鼻内視鏡(左)と内視鏡(右)